この釘は引き抜きにくい釘だ

この釘は引き抜きにくい釘だ。

早口言葉の練習をしている訳ではありません。

本日は釘を抜いております。

 

 

この釘は我が家も檀家になっている近くの耕龍寺の山門の修繕で出た廃材の板の釘です。話では200年以上前・・・釘の形状から少なくとも明治以前ででは無いかと思われます。

何に使うのかと言えば・・・・

「板の廃材が出る」との事で庭の雪囲いにでも使おう!と思ったのですが、なんと古い釘が付いているではないですか♪

普通であれば、邪魔な廃材の釘。

うちでは草木染の鉄媒染液を作ります。

ゲンノショウコで黒に染めたり、柿渋で染めたり何かと使う鉄媒染。

Q、今の鉄で作ったりしたら、色が違うのか?

・・・・多分、それほど違わない気がします。

ただの自己満足です。

平清水で採れた草木で染めて、平清水を昔から護ってきた山門の釘の媒染で染める。

何だか楽しくなってきます。

さて、残りの釘も引き抜きますか!

投稿者プロフィール

瓶屋の息子草木染工房 瓶屋 店長

前の記事

ミノリノアキ

次の記事

繭玉の正月飾り