今日は蔵王の養蚕農家の方の機械をお借りして繭の毛羽取りです。

簇から外した繭には、御蚕様が繭を作る時に場所を固定する為に吐いた一番最初の糸、ケバ等とも呼ばれますが、ちょっと硬めのフワフワした毛がいっぱい。

昨年は手作業で取り除いたのですが、今年はちょっと道楽をして機械で取り除きました。

早い早い!機械の下からは真っ白な繭がコロコロと出てきます。

あとは持ち帰って良い繭と悪い繭を選別し、さらに正月飾りの白繭で使う分と、来年に染めて使う分とに分け、中の蛹を出します。

繭の正月飾りは11月の展示会にて予約を開始する予定です。どうぞよろしくお願いいたします!