日差しも暖かくなり、畑の草木も目を覚ましはじめました。

今年は雪が多く、畑のスケジュールも遅れ気味。

青いラングウォートや水仙も鮮やかに咲き、店先の梅の花も咲き始めましたが、今年はマンサクがまだ咲きません。どうしたのでしょう?

紅花畑は、今年は上の段の畑へ。

昨年は6月末から7月初めの集中豪雨で、思わしくない結果となりました。

今年は下段よりも水捌けの良い上段の畑なのですが、昨年よりも畝を少々高めにしてみました。エジブト原産の花なので水はあまり必要ありません。

今年蒔いた種も、野生の紅花などは、まず見た事がありませんので、遙か昔から、誰かが植え種を採り、遥々エジプトから伝わってきた種なのでしょう。まだ芽は出ていませんが、今月末から来月頭頃には、可愛い双葉を太陽に向けて広げてくれるでしょう。