藍畑は一面の赤い花の時期となりました。
秋の深まりと共に満開へと近づいています。

この時期の染めは柿渋と藍染めです。
今年の染料畑の柿の実は、例年に比べ少ない数ではありましたが、今年も良い色に染め上げる事が出来ました。
藍瓶も少々気温と共に温度が低くなってきてはいますが、まだまだ元気です。

染料畑には、まだ残っているブットレアの花に蝶達があつまり、藍畑にはミツバチ達が大忙し。

パンパスグラスの花穂も開き、染料畑も一段と秋の装いとなりました。